ランニング フォーム 改善! 股関節と肩甲骨を動かそう!

ランニングフォームの改善に役立つ教本や関連本を紹介、フォームを進化させて走力を上げましょう!

ストレッチ教本:「正しい体幹トレーニング」 有吉与志恵 著

筋肉の弾力性を出すために必須となるストレッチを学ぶ

 

 ランニングに役立つトレーニングといえば、主にLSDだとか、ビルドアップだとか、またはハムストリングス強化のためのドリルだとかを学んだり、実践することをイメージしてしまいます。しかし、最近になって、ランニングフォームを整えるためには正しい体幹の使い方筋力の弾力性が必要なことが分かってきて、思わずこの本のタイトルに惹かれてしまいました。果たして読んでみて、体幹に対する理解がかなり深まりました。もちろん、ランニングフォームに対しても有益であるので紹介したいと思います。

 

 この本で特に勉強となったのは、第1章(実例 間違いだらけの体幹トレーニング)においての「体幹」とは何ぞやの説明です。私も今までは、体幹って胴体との理解くらいで、体幹の筋肉といえば、胴体の筋肉(腹筋や背筋)やランニング本でよく登場する大腰筋などをイメージできるくらいの知識でした。この教本では、体幹の筋肉群のなかでも一番奥に位置するものを「コア」と区分けして、図解とともに分かりやすく説明しています。
 いわゆるインナーマッスルなのですが、そのコアと体幹の筋肉とを分けて(意識して)トレーニングすることが重要だと説いています。その説明が第2章(コアトレと体幹トレーニング)となります。いわゆるストレッチやヨガのようなトレーニングを・コアトレーニング ・体幹トレーニング ・リンクトレーニング と分けているのが特徴です。コアトレと体幹トレーニングとの違いは同じような恰好でも、主に意識する筋肉が異なります。体幹トレーニングとリンクトレーニングとの違いは体位であり、手足を床についていたり、座ってのトレーニングは体幹トレーニングであり、ヒザ立ちや立位でのトレーニングをリンクトレーニングと言っています。

 それらのトレーニングの具体的解説に入る前に、今度は上記のトレーニングを「コンディショニング」=「整えること」と言い換えて、そのコンディショニングを「リセットコンディショニング」と「アクティブコンディショニング」と分けます。アクティブコンディショニングに入る前にリセットコンディショニングによってコアの筋肉をリセット(緩める)必要があるというのです。ここが第3章(コアトレと体幹トレーニングを始める前の準備)であり、第1章と2章と読んでくるとナルホド!となります。

 そしてメインの第4章(アクティブコンディショニング)で各トレーニング=コアトレ・体幹トレーニング・リンクトレーニング がモデルの写真とともに具体的な説明が紹介されます。

 ランニングを始めて数年経ってからとなりますが、やっと最近、筋肉の弾力性や関節の柔軟性が大事なのだなと自覚してきました。それまでは、走りこんで月間走行距離を伸ばして走力を上げることや、効率的なランニングフォームを型として身に着けることが大事と、あまり真剣に考えることはありませんでした。しかし、色んな教本を読んでいくうちに、また効率的なランニングフォームを追求していくうちに、筋肉の弾力性や関節の柔軟性が目指すランニングフォームには不可欠なのだということが分かってきました。ストレッチやヨガがランニングフォーム強化に有益であることは納得のいくところですが、その前にこの本で、コアと体幹の筋肉の違いやリセットコンディショニングの必要性などを理解すると、よりストレッチなどの効率が増すと思います!

 

思いどおりのカラダになれる! 正しい体幹トレーニング