ランニング 独学! 教科書、フォーム、意識、考察 etc

ランニングフォームの改善に役立つ教本や関連本を紹介、フォームを進化させて走力を上げましょう!

自己感覚:ランナーは新型コロナウイルスにかかりづらいのでは?

ランナーは鼻呼吸のエバンジェリストになりましょう⁉

  数日前に定番コースをジョギングしているとき、呼吸を整えるのに俗いう「スーハーハー」と鼻から吸い(スー)、口から吐き出して(ハーハー)していると、ふと「この呼吸法ってコロナウイルス感染対策に有効ではないかなぁ」と感じました。ランナーでも、もちろん人によって鼻から呼吸をしない人もいると思いますし、自分も苦しくなってくると鼻と口と同時に呼吸を吸いこみますが、口呼吸だけだとすぐに口が乾燥するので、なるべく鼻呼吸も活用するのがセオリーだと思っています。

 普段の生活では「スーハーハー」とは呼吸しませんが、ランニングで鼻から吸い込むことを意識するようになってからは、普段も無意識に鼻呼吸していることがメインになってきたと感じています。

 さらに、外出から帰ってくると、うがい・手洗いの他に洗面所で鼻を水に湿らせるようにして素手で鼻をかんで鼻腔内もクリアにしています。敢えてティッシュペーパーで鼻をかむよりも湿らせることによって鼻呼吸しやすくなる気がします。「手洗い・うがい・鼻クリア」ですね!
 犬が鼻を常に湿らせていることを連想して、呼吸のためかとネットですぐに調べてみましたが、犬の鼻が湿っているのは臭覚を正常に保つためらしいです…。

 鼻呼吸がコロナウイルス感染予防に有効かをネットで検索してみたところ、いくつも記事がアップされており(下記リンク)、やはり有効なようです。記事によってはマスクよりも鼻呼吸するほうが感染予防に有効だと言っています。

 やはり、ランナーはただでさえ有酸素運動が習慣となっていて免疫力があるうえに、鼻呼吸が無意識にできているとすれば、自然とコロナウイルスにかかりにくのでは!

 ちなみに自分は今年2月中旬に1年振りにあった大学時代の友人と羽目を外して飲み過ぎてしまい記憶をなくして転倒して脳挫傷になってしまい、2月末まで永寿総合病院に2週間弱 入院していました(地元なので…)。入院直後の数日間はベッドに寝っぱなしだったので坐骨神経痛みたいになりよちよち歩きがやっとの状態になってしまったので、そのあとは消灯時間外は入院しているフロア内を約1時間おきに5周ウォーキングすることを日課として1日50周以上くるくる必死にリハビリ歩きしていました。その時もリズムを刻むために鼻から吸って口から吐く呼吸での「スーハーハー」を実践していました。そのおかげで院内感染から逃れることができたのかもしれません⁉
 

 以下、鼻呼吸が新型コロナウイルス予防に有効だとアドバイスしている記事です。

www.nishinippon.co.jp

 

さらに増田明美さんも鼻呼吸が免疫力を高めると少し前のブログの記事(2003年)で言っています。

www.akemi-masuda.jp

 

 ランナーの皆さんは、ランナーでない方たちにも鼻呼吸のメリットをシェアしていきましょう!